プレスリリース2020年08月04日

経営は、法務の力で強くなる 「LegalForce Conference 2020」開催

2020年9月8日(火)オンライン開催

基調講演にスカイマーク 取締役会長、インテグラル代表取締役 佐山展生氏登壇

 

株式会社LegalForce(本社:東京都千代田区 代表取締役 角田望; 以下LegalForce)は、「経営と法務」をテーマにした日本最大級のオンラインカンファレンス「LegalForce Conference 2020」を9月8日にオンラインで開催します。

 

■ 法務機能の強化と活用が喫緊の課題

不確実性が高い時代において、企業がリスクを回避しながら挑戦を続けていくには、法務機能の強化と活用が喫緊の課題です。

「LegalForce Conference 2020」では、企業法務の第一人者の登壇者による講演を通して、経営基盤を強化する経営と法務の関係性、法務機能強化の施策についてヒントを提供します。

 

▽お申込みはこちらをご覧ください

https://legalforce-cloud.com/page/seminar/lfc2020/seminar_lfc2020.html

 

「LegalForce Conference 2020」概要

本カンファレンスはスカイマーク取締役会長、インテグラル代表取締役 佐山展生氏の基調講演をはじめ、全10本の講演を用意しました。

メインセッションは「経営と法務の関係性」をテーマとするトラックAと、「法務機能強化の具体策」をテーマとするトラックBに分け、同時並行で配信します。

 

【基調講演】

10:35-11:35

「日本型バイアウト投資・リスクをとる経営と法務~人生は「面白そう」を追求する旅~」

佐山 展生 氏(インテグラル株式会社代表取締役パートナー、スカイマーク株式会社取締役会長、一橋大学大学院経営管理研究科客員教授、京都大学経営管理大学院客員教授、京都大学大学院総合生存学館(思修館)特任教授)

メイン

セッション

【TRACK A】

経営と法務の関係性

【TRACK B】

法務機能の強化の具体策

11:40-12:30

「国際競争力強化に向けた日本企業の法務機能のあり方」

桝口 豊 氏(経済産業省 経済産業政策局 競争環境整備室長)

法務の力で社会を変える

北島 敬之 氏(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 代表取締役 ジェネラルカウンセル)

13:30-14:20

これからの経営と法務の関係性~ 「ビジネスパート

ナー」からの脱却

明司 雅宏 氏(サントリーホールディングス株式会社 リスクマネジメント本部 法務部 部長 兼 コンプライアンス室 部長)

いま法務部門は何をすべきか - 求められる法務機能と人材育成

高野 雄市 氏(三井物産株式会社 法務部長)

14:25-15:15

会社存亡を脅かすグローバルリスクと法務の責務

守田 達也 氏双日株式会社 執行役員 法務、広報担当本部長)

法務業務改革へ向けたリーガルテックの活用

佐々木 毅尚 氏太陽誘電株式会社 法務部長)

15:45-16:35

経営の視座と法務の視座は違うのか?

妹尾 正仁 氏ヤフー株式会社 執行役員 法務統括本部長)

「英語圏におけるリーガルテックの最新動向 / 企業法務実務へのインパクト」

ステファニー・サンタナ氏 (株式会社LegalForce 法務開発)

【Special Talk Session】

16:40-17:40

「法務機能強化の第一歩としてのDX(デジタルトランスフォーメーション)」

TRACK A/TRACK Bの全セッション講演者にご登壇いただきます。

【Closing Session】

17:40-18:00

全ての契約リスクを制御可能にする - 契約法務が変えるビジネスの形

角田 望(株式会社LegalForce 代表取締役CEO

 

 

申し込み方法、視聴方法について

▽詳細はこちらご覧ください

https://legalforce-cloud.com/page/seminar/lfc2020/seminar_lfc2020.html

 

LegalForceでは、今後も弁護士の法務知見と最新のテクノロジーを組合せ、企業法務における業務の品質向上と効率化を実現するソフトウェアの開発・提供を行ってまいります。

 

■ 「LegalForce」について(URL:https://legalforce-cloud.com

「LegalForce」は、2019年4月に正式版サービスを提供開始したクラウド型契約書レビュー支援ソフトウェアです。契約書のリスクを数秒で洗い出す自動レビュー機能や、社内の契約書データの有効活用を支援するナレッジマネジメント機能により、リスク検出やリサーチにかかる時間を大幅に削減しながら、業務品質を高めることが可能です。LegalForceの利用者は、平均3割の業務時間削減に成功し、8割以上が契約書業務の品質向上を実感しています。(※)現在400を超える企業・法律事務所で利用されています。(2020年8月時点)

(※)LegalForce自社調べ

 

■ 株式会社LegalForceとは

株式会社LegalForceは、2017年に大手法律事務所出身の弁護士2名によって創業されて以来、京都大学との共同研究も行う独自のAI技術と弁護士の法務知見を組み合わせ、企業法務の課題を解決するソフトウェアの開発・提供を行っています。

 

【株式会社LegalForce】

会社名

株式会社LegalForce

代表電話

03-6206-6220

所在地

東京都千代田区内幸町1丁目1−6 NTT日比谷ビル8階

代表者

代表取締役CEO角田 望

事業内容

法律業務に関するソフトウェアの研究・開発・運営・保守

資本金等

15億3,418万円(資本準備金等含む。)