プレスリリース2020年11月25日

クラウド契約書管理システム「Marshall」 「契約書グループ」機能を追加

~ 契約書のグループごとに閲覧制限が可能に ~

 

株式会社LegalForce(本社:東京都千代田区 代表取締役 角田望; 以下LegalForce)は、クラウド契約書管理システム「Marshall」に「契約書グループ」機能を追加しました。これにより契約書グループごとの閲覧制限が可能となります。

 

 

■ 「契約書グループ」機能とは

雇用契約や、販売代理店契約など、その契約書の種類によって閲覧できるユーザーを制限したいというご要望があります。また企業・事業の買収や合併などの契約書のように、その存在自体に機密性が高いものも存在します。

「契約書グループ」機能は契約書の種類や契約書を管理する部門に応じて、閲覧できるユーザーを制限しながら、効率的に契約書を管理することが可能となります。

 

■ 「契約書グループ」機能の利用方法

契約書グループを作成し、共有するユーザーを設定することで、共有されたユーザのみ閲覧が可能となります。また、「管理者(オーナー)」、「管理者」、「メンバー」の3つの管理権限や、契約書閲覧権限により、柔軟な契約書管理が可能です。

・「契約書グループ」作成方法

  1. 契約書グループを作成
  2. 契約書グループごとに共有するユーザーを追加
  3. 契約書グループに契約書をアップロード
  4. 共有されたユーザーは契約書グループに保存された契約書の閲覧が可能となります。

 

実際の画面

 

▽お問い合わせはこちらから

https://legalforce-cloud.com/marshall/index.html

 

LegalForceでは、今後も弁護士の法務知見と最新のテクノロジーを組合せ、企業法務における業務の品質向上と効率化を実現するソフトウェアの開発・提供を行ってまいります。