全ての契約リスクを
制御可能にする

私たちの経済活動は消費者や企業が取り結ぶ、
大小さまざまな契約で成り立っています。
それは同時に「不利な条件や法令違反などの契約リスクが潜んでいる」ということ。
LegalForceは、最新のテクノロジーと法務の知見を組み合わせて、
契約リスクを可視化し、コントロール可能な状態へ導きます。
あるべき権利が適切に守られ、不測の事態が防がれるために。
そして、より豊かで信頼に満ちた経済社会を目指します。

代表取締役CEO 挨拶

法は、私たちが日常生活を行う上で、
あるいは企業が経済活動を行う上で、必要不可欠なインフラです。
法律事務所や企業の法務部門は、
法を社会に実装するという重要な職責を担っています。

しかし、自然言語処理技術や深層学習技術が
様々な分野で実装段階を迎えているにもかかわらず、
この波が法務領域には到達していません。

グローバル化し、複雑さを増す現代の法-規制環境において、
法務実務の重要性が飛躍的に高まるなか、
体制をより一層強化してゆくことが求められています。

私たちは、最先端のテクノロジーと法務知見を結集して、
最良のパートナーとして次世代を担う
法務プロフェッショナルに貢献し続けます。

角田望

会社役員

代表取締役CEO
代表取締役CEO

角田 望

弁護士(第二東京弁護士会所属)
京都大学法学部卒業後、森・濱田松本法律事務所を経て株式会社LegalForce/法律事務所ZeLo・外国法共同事業を創業。
代表取締役 共同創業者
代表取締役 共同創業者

小笠原 匡隆

弁護士(第二東京弁護士会所属)
東京大学法科大学院修了後、森・濱田松本法律事務所を経て株式会社LegalForce/法律事務所ZeLo・外国法共同事業を創業。 日本ブロックチェーン協会 リーガルアドバイザー。
取締役COO
取締役COO

川戸 崇志

製品企画・開発・新規事業統括
東京大学大学院 総合文化研究科修了。
マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社を経て2018年3月参画。2019年7月執行役員COO就任。2020年11月より現職。
取締役CTO
取締役CTO

時武 佑太

開発全般統括
東京大学大学院 情報理工学研究科修了。
株式会社ディー・エヌ・エーを経て2017年9月参画。現職。
執行役員CRO
執行役員CRO

舟木 類佳

研究開発統括
東京大学大学院 情報理工学系研究科修了。
株式会社リクルートを経て2018年7月参画。2019年7月より現職。
執行役員CAO
執行役員CAO

成定 優

管理部門統括
株式会社ゲームフリークを経て2018年12月参画。2020年11月より現職。
社外監査役
社外監査役

山田 広毅

弁護士・NY州弁護士
東京国際法律事務所代表パートナー

Partners

共同研究者兼技術顧問

森 信介

京都大学学術情報メディアセンター 情報学研究科知能情報学専攻兼担
弁護士
弁護士

岡本 杏莉

Stanford Law School (LL.M) 元 西村あさひ法律事務所
技術顧問
技術顧問

末永 幸平

京都大学大学院情報学研究科 通信情報システム専攻 准教授
技術顧問
技術顧問

まつもと ゆきひろ

(通称: matz) プログラミング言語Ruby開発者
一般財団法人Rubyアソシエーション理事長、ほか肩書多数
商号
株式会社LegalForce (英語名LegalForce, Inc.)
設立
2017年4月21日
事業内容
法律業務に関するソフトウェアの研究・開発・運営・保守
役員
  • 代表取締役CEO 角田 望
  • 代表取締役共同創業者 小笠原 匡隆
  • 取締役COO 川戸 崇志
  • 取締役CTO 時武 佑太
  • 社外監査役 山田 広毅
株主
  • ジャフコ
  • 京都大学イノベーションキャピタル
  • WiL, LLC.
  • ドリームインキュベータ
  • 森信介(京都大学教授)
  • SMBC ベンチャーキャピタル
  • 三菱UFJキャピタル
  • みずほキャピタル
  • エンジェル投資家 等
所在地
〒100-0011 東京都千代田区内幸町1丁目1−6 NTT日比谷ビル8階