プレスリリース2021年03月09日

AI契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」 「条ずれチェッカー」機能をアップデート

引用条文の内容を瞬時に確認 「条ずれ・引用条チェッカー」に名称を変更

 

AI契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」を提供する株式会社LegalForce(本社:東京都千代田区 代表取締役:角田望、以下LegalForce)は、契約書内で条番号の抜け落ちや、重複がある箇所を自動でチェックすることができる「条ずれチェッカー」機能をアップデートし、新たに契約書本文中で引用されている条文の内容を確認できるようになりました。この機能アップデートに伴い「条ずれチェッカー」を「条ずれ・引用条チェッカー」に名称変更しました。

 

 

■ 「条ずれ・引用条チェッカー」とは

契約書内で条番号がずれている可能性のある箇所や、引用されている条の内容を瞬時に把握することができ、煩雑な目視作業を簡易化し作業時間を大幅に短縮することができる、AI契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」の自動レビューの一つの機能になります。

契約書本文の引用条部分にカーソルを当てる、または指摘の条番号をクリックすると引用元の条文がポップアップ表示されます。

 

 

▽お問い合わせはこちら

AI契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」